ドレスはどうする?購入、レンタルそれぞれのメリットデメリットとは?

レンタルのお得なポイントと損するポイントは?

ウエディングドレスを選ぶ時間は、花嫁さんにとっては至福なひと時ではないでしょうか。選ぶ時間はもちろん、ドレスが結婚式に掛かる費用の大きな部分を占めることもしばしば。そこで、レンタルするメリット・デメリットを考えてみましょう。
レンタルを利用すると、自宅に持ち帰って保管する手間がなく、当日も身一つで会場入りして袖を通すだけなので、ドレスの管理が楽になります。何度も試着ができるし、後で気が変わっても変更することが可能です。デメリットといえば、既成のドレスですし、レンタルなので同じドレスを来た人がいて、ドレスがかぶっているかもしれないということでしょうか。かぶるといっても、当日にそうなるわけではないので、あまり気にする必要はないかもしれませんね。

ドレスを購入は損?それともお得?

せっかくの一生に一度の晴れ舞台なので、ドレスも自分だけのものを身に付けたいという花嫁さんもいることでしょう。オーダーメードでつくれば、細部にまでこだわったオンリーワンを手に入れることができますが、費用は高額になってしまいますよね。もし、家族だけで海外挙式をして、帰国後に披露宴を予定していて、2回以上着る予定があれば、ドレスをレンタルするより購入する方が安くつく場合があります。しかし、違うデザインのドレスを着たい場合は、かなり高くつくでしょう。自前のドレスを会場に持ち込む場合、式場によっては「持ち込み料」をチャージされる場合があり、ドレスをレンタルするよりはるかに費用が嵩んでしまうことがあります。
でも、子どもの頃から憧れのドレスや、一目ぼれしたドレスがあれば、思い切って購入しても主役の花嫁さんがハッピーなら誰も文句は言いませんよね。

結婚準備をする際には決めることがたくさんあります。ストレスにならないように気持ちの余裕をもっての準備が必要です。経験者の話を聞くのは大変役に立ちます。